すっきりフルーツ青汁は中学生が飲んでも問題ない?高校生は?

すっきりフルーツ青汁は、置き換えダイエットや健康増進のために飲む人が多いフルーツ青汁です。

体型や体重などが気になる大人はもちろんのこと、第二次性徴期を終わる前後の中学生や高校生もプロポーションなどを意識し始める年代です。

特に運動部に属していると、中学3年で部活を終えたら、体を動かす機会が減ってしまって、一気に太ってしまったというケースも多いですね。
中学は運動部でも、高校は帰宅部や文化系の部活を選んだことで、運動量が激減することでも太りやすくなるものです。

体重や体脂肪率、体型などが気になるため、すっきりフルーツ青汁に興味が出てくるのではないでしょうか?

結論からいえば、すっきりフルーツ青汁を飲むのに年齢制限はありません。
さすがに、乳幼児は早すぎるとは思いますが、中高生であれば、内臓なども十分に成長していることから、大人と同じようにすっきりフルーツ青汁を飲んでも構いません。

なお、すっきりフルーツ青汁を用いた置き換えダイエットは無理にしないほうが良いです。

第二次性徴期が終わりきっていない段階で栄養不足になると、余分な部分は太ったとしても、成長して欲しいところが十分に成長しなくなるおそれがあるからです。

小学校高学年から中学生、高校生という年代は、大人の体になるための最後のチャンスです。

成長期が終わってからでも、いくらでも挽回できるチャンスが有る体重をへらすために、二度とチャンスがやってこない、身長やバスト、女性器などを成長させる機会を逃してしまうというのは、非常にもったいない話です。

むしろ、食事のメニューの好き嫌いで、摂取できる栄養価が偏るのを改善するために、すっきりフルーツ青汁を飲んだほうがいいでしょう。
成長期に必要な栄養分をしっかりと補給できますし、食物繊維や乳酸菌などもたっぷりと摂取できるので、便秘対策にも役立ちます。

10代のうちは、ダイエットをするのであれば、食事制限をするよりも、身体を動かして体重や体脂肪率を減らすようにしたほうがいいですね。

すっきりフルーツ青汁を水などに溶かして飲むのが物足りないというのであれば、デザートなどと一緒に食べたり、生地に練り込んでスイーツを作ってしまうのもいいでしょう。

なお、すっきりフルーツ青汁を水以外に溶かす場合には、カロリーや糖分の多いジュースに溶かすと、かえって太りやすくなりますので注意が必要です。
お湯や炭酸水などに溶かして飲んでみるだけでも大きく変わってきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする