すっきりフルーツ青汁には余分な添加物は含まれていない?

すっきりフルーツ青汁は、青汁特有の苦味もなく飲みやすいフルーツ味に仕上げています。

フルーツの味がしないとか、口に合わないといった口コミも見かけますが、青汁の代名詞とも言える「ケール」特有の苦味と比べたら飲みやすいと感じるのではないでしょうか?

しかし、飲みやすくて栄養価が優れているとはいっても、体に悪い食品添加物などが含まれていたら、飲むのが怖くなるかもしれませんね。

すっきりフルーツ青汁の原材料を見て確認していきましょう。

還元麦芽糖水飴、大麦若葉粉末、クマザサ粉末、乳糖、デキストリン、明日葉粉末、マンゴー果汁パウダー、抹茶、植物発行物乾燥粉末、いちご果汁パウダー、アカシア食物繊維、アセロラパウダー、グァガム、イナゴ豆抽出物、藍藻抽出物(ブルーグリーンアルジー)、アカメガシワエキス末、有胞子性乳酸菌、乳酸菌(死菌)、メロンプラセンタ(胎座)抽出物、フルーツ野菜エキス、茶抽出物、豆乳末、ザクロ抽出物、パイナップル果実抽出物/香料、β-カロテン、シクロデキストリン、(一部に乳成分・大豆・オレンジ・リンゴ・バナナ・キウイフルーツ・ゴマ・カシューナッツ含む)

この中で気になるのが、以下の3つではないでしょうか。

  • 還元麦芽糖水飴
  • 香料
  • シクロデキストリン

「食べてはいけない」とか「毒性が疑われる成分」などで見かけたことがあるかもしれません。

還元麦芽糖水飴は、水飴から酸素を取り除いたものであり、マルチトールを75%含んでいます。
砂糖を加えると、カロリーや糖分が高くなるため、還元麦芽糖水飴は代替甘味料として使われることが多いです。

還元麦芽糖水飴は、水素付加という「人工処理」を施した危険な物質とか、遺伝子組み換えトウモロコシが原材料だから危険などと書かれたWebサイトは数多く見かけますが、還元麦芽糖水飴には、とうもろこしの遺伝子が全く含まれていないために筋違いの批判といえます。

香料に関しては、具体的に何が使われているのかわからないという点では不安が残るでしょうか。
微量な成分を数十種類も調合することも珍しくないため、すべてを書いていたらキリがないということで、食品表示でも省略が認められています。

もちろん、食べても毒性がないことが、動物実験や認可後の「人体実験」で確認されている香料のみが使われていますが、香害などにも見られるように、香料による健康被害が懸念される中では気になるかもしれません。

シクロデキストリンは、ブドウ糖が環状に6~8個連なったオリゴ糖のことです。
ブドウ糖の数によって、α-シクロデキストリン、β-シクロデキストリン、γ-シクロデキストリンとわかれます。
いずれも毒性の報告はありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする