すっきりフルーツ青汁で痩せるための飲み方はどうすればいい?

すっきりフルーツ青汁を飲んで痩せたいと思ったら、どうすればいいのでしょうか?

どのような飲み方をすれば良いのか、あなたも気になっているのではないかと思います。

最も手っ取り早い方法としては、断食(ファスティング)の最中の水分補給として、すっきりフルーツ青汁を水に溶かして飲むという方法です。

断食というと、飲まず食わずで我慢するというイメージがつきものですが、食事を取らないというだけです。
デトックスを積極的に行うためにも、いつも以上に水分補給が必要になります。

ジュースなどは糖分が多く、カフェインなどの体に良くない成分も含まれることから、水などの低カロリーで不純物が含まれない液体が好まれます。

一方、すっきりフルーツ青汁を水に溶かしたものは、11.7kcalと低カロリーです。
さまざまな栄養素が含まれていることから、ファスティング中の水分補給とともに栄養補給も行えるという点で役立ちます。

ファスティングは身体へのダメージが心配というのであれば、置き換えダイエットにすっきりフルーツ青汁を使ってもいいでしょう。

食事の代わりに、すっきりフルーツ青汁を飲むだけという手軽さですし、1日あたりの摂取カロリーを確実に減らせます。

空腹感が気にならないタイミングで置き換えたほうがいいため、朝食や夕食を置き換える人が多いですね。

せっかく食事をすっきりフルーツ青汁に置き換えても、お腹が空いて仕方がないからといって、おやつをたくさん食べたら意味がありません。
食事もストレスを発散する要素があることから、極端に無理をしないほうがいいでしょう。

3食の食事で置き換えるのが難しいというのであれば、おやつをすっきりフルーツ青汁に変えてみてもいいですね。
それほどストレスなく置き換えられますし、甘い味わいで満足感も得られます。

間食を一切しない食生活を行っているのであれば、摂取カロリーが最も多い食事の前にすっきりフルーツ青汁を飲むようにするといいでしょう。

すっきりフルーツ青汁に含まれる成分のはたらきによって、食事による糖質の吸収などを減らせる効果が期待できますし、完全な空腹状態にしないことで食事の量を減らせる効果もあるからです。

もちろん、摂取カロリーを減らすだけでなく、消費カロリーを増やすための運動も必要です。
有酸素運動でカロリー消費をするだけでなく、無酸素運動で基礎代謝をあげておくことで相乗効果が期待できます。

どちらか一方だけを選ぶのではなく、どちらも一緒に行うのが最適です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする